ご挨拶

当院は2005年5月15日糖尿病専門クリニックとして取手市藤代に開院しました。
糖尿病治療の目標は、糖尿病に特有な網膜症、腎症、神経障害などの細小血管合併症、および心筋梗塞や脳梗塞などの大血管合併症の発症とその進展を阻止し、健康な人と変わらない生活の質と寿命を確保することです。その為には、糖尿病の早い時期から治療を開始し良好な血糖値を保つ事が一番重要な事です。
当院では糖尿病の勉強会を通じて、患者様の糖尿病に関する知識の習得とレベルアップを図っています。また、医師・看護師・臨床検査技師・管理栄養士・事務等多職種による継続的チーム医療で、患者様の糖尿病に対する積極的な取り組みを支えています。

 

また当院では患者様に健康を保持して頂きたいと考え、年1回は胸部レントゲンや心電図の他、腹部エコー検査、眼底検査、便潜血検査、PSA検査などを受けて頂き全身の健康状態もチェックしています。その結果、肺癌・肺気腫などの肺疾患の他、虚血性心疾患や不整脈等の心臓病、糖尿病合併症、便潜血検査にて大腸癌、腹部エコーにて肝臓癌・腎臓癌・膵臓癌など種々の癌も早期に見つかっています。特に、糖尿病患者様では健康な人と比較すると癌の発生率が高いので、癌予防の1つとして2008年10月から禁煙外来も始めました。

 

2010年10月から循環器専門医を増員し狭心症、不整脈、心不全などの診察の充実を図りました。2016年1月からは島生乃医師が副院長として勤務し、一般内科のほか糖尿病・内分泌疾患を中心に診察しています。2018年4月から呼吸器専門医による喘息、アレルギー、肺炎などの診察も開始しました。また、2021年春頃には心療内科を開設し、心の病であるうつ病、神経症、心身症の他、不眠症、認知症、EDなどにも対応したいと考えています。これからも当院は糖尿病以外の内科疾患にも対応し、総合内科クリニックとして地域医療に貢献したいと考えています。

 

理事長・院長 飯泉智弘